夜行バスのメリットについて

夜行バスで睡眠不足にならないために

夜行バスは、ビジネスであれ、旅行であれ一人で利用する場合は、如何に睡眠を確保するかが大きな鍵となります。

ビールなどを飲んでしまうと夜半のトイレが気になってとても眠れませんから、車内ではビールをはじめ水分はあまり取らないことが第一条件です。



狭い、足が伸ばせないという悪条件の中で効率的に眠るには、あまり早くから眠りにつかないことです。翌朝何時に目を覚ますのかを決めて、6時間の睡眠を設定します。



例えば翌朝6時に目を覚ますとすれば、12時に睡眠につけば6時間の睡眠を確保できます。
つまり12時までは眠らないことです。



普段の生活で午後10時に就寝している人は、12時までの2時間をどう過ごすかが課題となりますが、夜行バスの中では中々早めに寝付けないものなので、この2時間はそれほど苦にしないでクリアできるでしょう。



この2時間をイヤホンでラジオを聞きながら過ごすことが出来れば、あとは自然の疲れで眠りに入ることが出来ます。



バスに乗る前に軽い疲れを覚える程度の運動が出来れば申し分ありません。



バスの中での睡眠の宿命ともいえる振動を、快いリズムに変えることが出来れば振動を味方につけることが出来ます。

振動を味方につけるコツは、振動に対して抵抗しないことです。



振動に身を任せるぐらいの気持ちで揺れを楽しむことが出来れば、自然の眠りにつくことが出来ます。



人間の感覚は微妙に出来ているようで結構いい加減なところがあるので、自分が快いと思えば、結構素直にそれを受け入れてしまうものです。これで寝苦しい夜行バスでの一夜ともお別れです。

    関連リンク

    • 近年の夜行バスの進化について

      夜行バスは、旅行や帰省など幅広く活用されている乗り物です。飛行機や新幹線などの交通機関よりも、交通料金を安く抑えることができます。...

      detail
    • 夜行バスに人気がある理由

      飛行機やJRを使うよりも夜行バスの方が好きだという人は少なくありません。確かに夜行バスは疲れるので避けたいと敬遠する人もいますが、しかし今でもとても人気のある交通手段になっています。...

      detail